清掃関連の資格について

投稿日:2017-08-23 14:03:21

学歴や知識、経験、年齢などを問わずに採用してもらえることが多い清掃業ですが、実際のところ、専門的な清掃はそれなりの経験値をもったスタッフが受け持っていることが多いのです。

たとえばビルクリーニング技能士の資格を持っていれば、汚れの種類や洗浄方法、場所に合わせた清掃技術が判断できることはもちろん、建物の用途に合わせた適切な清掃をできる必要があります。

他にも建築物環境衛生管理技術者、ハウスクリーニング技能士、清掃作業監督者などの資格があり、こうした作業監督ができるレベルの資格を保有していると、ワンランク上の仕事をすることができ、当然ながら給料水準も高くなってきます。

ほかにも貯水槽の清掃の資格である貯水槽清掃作業監督者、仕事をするにあたって必須の資格というわけではありませんが、遺品整理士、事件現場特殊清掃士もあり、特殊清掃の仕事も行っている方、これから目指す方はスキルをアピールできますので取得しておいて損はないかもしれません

清掃は誰にでもできそうに思えます。実際、誰にでもできる作業はたくさんあります。しかし、それはあくまで作業の話です。仕事の分配や、汚れの原因を判断して効率的に落とす方法、状況によって臨機応変な清掃ができること、などと考えると実はかなりのスキルを求められることがわかります。

清掃業界は資格取得でスキルアップすることで、給料もアップさせることができます。

紹介

高所作業での清掃

投稿日:2014-04-23 07:58:20

清掃業と言っても、ビルやテナントなど商業施設やハウスクリーニングだけではありません。 見た事もある人もいると思いますが、窓ガラスの清掃も清掃業の仕事のひとつなんです。

ゴンドラに乗って、仕事をするケースとまれにですが、ロープだけで仕事をするケースとありますね。どちらも正直、かなりの度胸は必要だと先に言っておきたい事です。清掃するだけでしょなんて甘い考えでは、きっと一日を終えるのも難しいかもしれませんね。

高所での作業をするのに、よく特別な資格が必要なのではと聞かれたりしますが、資格自体はなくても大丈夫なんです。その代わりに、講習を受けなければいけないくらいですかね。その講習も2日間ほどのものですので、なろうと思えば誰でもなれるとだけは言っておきます。

誰でもなれるからと言って、安易な考えで飛び込んでくるのだけは、やめてもらいたいです。高い所が、実はだめだったなんて人もいたりしますから、びっくりですけどね。

高所での作業は、必ずリスクも伴う仕事である以上、少なからず度胸も必要です。

紹介

特殊な清掃について

投稿日:2014-03-20 14:25:12

清掃業といっても、いろいろな場所で行いますし、それに実は様々な種類もあります。その中に特殊清掃というものがあります。

特殊清掃とは、例えばひとり暮らしの高齢の方が亡くなられた後、その後何日も発見されずにそのままという場合があります。そんな時のご遺体をかたずけた後の掃除などです。

遺品整理などといっしょに行われることもあります。あるいは、自殺などをされた方の部屋などの片づけや掃除もあります。

つまり一般的な清掃ではできない状況の場合に、特殊清掃が行われるのです。このような場合、特に匂いの問題もありますし、虫などが多数わいている場合もありますので、まずはその点の除去や駆除が必要になってきます。

いわゆる血液なども含め、まさしく特殊な薬品などを使用して掃除をしなければなりません。実は現代社会において、このような特殊な掃除依頼は増えています。

映画などの題材になったこともありますので、認知度もそれなりにあるようです。

仕事内容について

投稿日:2014-03-14 13:32:31

日本人は世界有数のキレイ好きな民族です。駅や商業施設などの公共の場所は他国と比べてもかなり清潔で快適な空間になっています。

そんな空間が保てているのも清掃業の人のおかげです。清掃業の仕事内容はひとことで言えば清掃ですが、その内容は幅広いです。

大型の業務用掃除機でゴミを吸い、水拭きをしてさらにワックスをかけたりもします。一日に何度ものトイレ清掃、窓ガラス拭きやゴミの収集、エアコンなどの空調の清掃も仕事内容のひとつとされる場合もあります。

体力仕事ですし、かなりのスピードが要求されることも少なくありません。最近では個人の家に派遣されていく形態の仕事もあり、この場合はリビングはもちろんのこと、キッチンやお風呂、トイレなどすべての生活空間が掃除の対象になります。

何人かでチームを組んで行動することが多く、みんなで作業を分担して行います。決してキレイな仕事とは言えませんが、自分の努力で清潔で快適な空間を作り上げる素晴らしさを味わえます。

給与について

投稿日:2014-03-07 16:23:56

清掃業にも色々ありますが、店舗が営業を終了してから一気に清掃を行う深夜の清掃スタッフとしての仕事が人気です。このようなお仕事は日中に別の定職を持っていても行うことが可能であるため、ダブルワークとして人気があります。

給与体系はそれほど恵まれたものではありませんが、このような事情からどうしてもたくさんのお金が必要という場合のお仕事としての人気があります。

もちろん清掃の仕事を本職とする場合もあるでしょう。給与体系は一般サービス業としての基本的な水準です。清掃というのは多くの人手を必要とするお仕事ですので非常に多くのアルバイト職員を率いて仕事をすることになります。年末の大掃除のシーズンなどには一時的な掃除需要が発生しますが、普段からセ一層業務を外部委託する企業も多くなっており、今後仕事の増加が見込まれます。

職員としては一般的なサービス業として、アルバイトとしては魅力的なダブルワークとしての魅力も兼ね備えています。

検索